アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

中国語脳

f:id:sarokatsu:20191126150330p:plain

中国語の勉強を再開したことは前回お伝えしましたが、毎日ほぼ欠かさず1時間レッスンを受けているせいか、少しずつ脳が中国語に慣れてきたような気がします。勿論まだまだ勉強が足りなくて、言いたいことの1割も表現できないレベルなんですが、この間成長を感じる瞬間があったんですよ。

それはアメリカの同僚が出張で東京にきている時のことでした。打合せ中に資料を取りにデスクに戻らなければいけなくなったので、「ちょっと待ってて(すぐ戻るから)」って言おうとしたんですね。普段だったら、"Give me one sec "なんて言ってたと思うんですけど、口から出てきたのは"Wait a little bit"という不自然な表現。

実は脳内で咄嗟に出てきたのは"等一下"という中国語の表現で、それを英語に直訳したら"Wait a little bit"になってしまったという訳です。こういうことは始めてだったので、何かひとつ壁を破れたような気がしました。

因みにシンガポールに住んでいる知り合いのお子さんは、同級生が中国語を話しているのを聞いて、自然に中国が話せるようになっているのだとか。環境って大事ですね~(あっ、年齢もかw)。