アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

台北行チケット予約

f:id:sarokatsu:20190909163802p:plain

以前少しご紹介したアメリカのNPO団体Men Having Babies(通称MHB)が台湾で開催するカンファレンス会議まで約2か月に迫ったので、航空券とホテルを予約しました。台湾は10年以上ぶりとなるので観光もしたかったのですが、GWに長い休みを取る予定なので、今回は我慢して金曜日だけ休みを取って行ってきます。

旅費を払うくらいならサロ活費用に充てたいという思いもありますが、サロガシーベンダーや関連団体、経験者と知り合う貴重な機会なので、必要経費だと思って行ってくることにしました。と言っても、自分は既にサロガシーエージェントも卵子ドナーエージェントも不妊治療クリニックも決めて契約をしているので、今回のカンファレンスに参加する目的は自分のためではなく、将来代理母出産を考えている人のための情報収集がメインになります。

このブログを始めてから読者の方から質問をいただくことが多くなってきたんですが、自分の経験しか頼る情報がないので、本当に適切な回答を与えられているのか自信がなかったんですよね。もう少し視野を広げるために、カンファレンスでは色々な人と話をしてくるつもりです。

「自分の代わりにこんな情報を仕入れてきてほしい」という要望がある読者さんがいればお気軽に連絡ください。確約はできませんが、可能な限り情報収集してきます!