アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

このタイミングでコロナ?

f:id:sarokatsu:20200316002643p:plain

前回コロナウイルスの話を少しだけしたのを覚えてるかな?実はその後世界中に拡大していて、非常事態宣言を発令した国や地域も出てきたんだ。日本でもイベントが中止になったり、外出自粛要請が出たりして、電車もジムもお店もレストランもガラガラ。パパはそんなに不自由はしてないんだけど、心配なのはアメリカの状況。

勝子さんとは先週正式に卵子提供に関する契約を交わして、いよいよ来週から排卵サイクルが始まるところなんだけど、IVFクリニックのあるカリフォルニア州でも今月初めに初の死者が出て、非常事態宣言が出されたばかり。勝子さんが不安になって卵子提供をやめてしまわないか心配しているんだよね。予定通りにいけば4月の上旬に採卵。それまで感染が拡大しないことをただひたすら祈るのみ。

代理母に関しては、エージェントがちょうど先週末に候補者の家庭訪問をしたところ。本当は先々週末に予定されていたんだけど、担当者の娘さんがインフルエンザにかかってしまったらしく、1週間遅れてしまったんだ。数日以内にエージェントから結果が送られてきて、問題ないと判断されれば、正式にパパに紹介されることになるよ。

全てが順調にうまくいったとしたら、5月頃には胚移植が行われて、来年の今頃には君と会えるかもしれない。でもそれまで代理母にはコロナウイルスに感染しないよう気をつけてもらわなければいけないから、君が生まれるまでは心配の種がつきなそう。なんでこのタイミングでコロナウイルスなんだって恨めしく思うけど、パパは絶対に君に会うから待っていてね。