アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

交渉の結果・・・

f:id:sarokatsu:20190909164238p:plain

勝子さんから連絡がきて、卵巣刺激のためにカリフォルニアに飛んでくれることを了承してくれたよ!ただし条件があって、途中で1回地元に戻りたい(=追加で旅費を負担してほしい)んだって。

卵巣刺激から採卵までは2週間の時間を要するんだけど、ホルモン投与自体は自分でできるから、最初に診断を受けてから次にパー子先生に診てもらうまで5日間程間が開くのね。その間、カリフォルニアに滞在するんじゃなくて、一度家に帰りたいという訳なんだ。

クリニックの院長も治療に影響は出ないと言ってるし、勝子さんもコロナに感染しないよう移動中は細心の注意を払うと約束してくれてる。費用面でも、カリフォルニアの宿泊代5日分と追加の航空券代を比べた時に、前者の方が高いから、若干だけど経済的負担が減りそう。

そんな訳で、勝子さんからの提案にパパは合意したんだ。途中で何も問題が発生しなければ、来週の今頃には卵巣刺激が始まっている予定。ちょっとずつ君に会える日が近づいているよ!