アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

胚培養1日目

f:id:sarokatsu:20200607112118p:plain



受精操作をしてから10〜20時間後、受精卵に中央に前核と呼ばれる核が2つ見えると、受精が成功したサインです。(前核が1個や3個のものは異常な受精卵として判断されます。)

 

f:id:sarokatsu:20200607203945j:plain
出所:https://www.ferring.co.jp/infertility/treatment/in_vitro.html


自分の場合、受精操作をした9個の卵子のうち、7個で今のところ受精が確認でき増田。残りの2つについては、胚培養3日目まで観察が続けられます。

IVFクリニックから次に連絡がくるのは胚培養3日目。うまくいけば受精卵が4つまたは8つに分割しているはずです。7個の受精卵全てがきれいに分裂していくことと、まだ受精が確認できていない2個の卵子にも前核ができることを祈っています。