アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

ほんまに瞬間に売り切れた抱っこ紐

抱っこ紐のイラスト

ベビー用品メーカーや雑誌が推奨しているベビー用品は要らないものばっかりやと言っている助産婦HISAKO先生が、唯一「ここだけはお金かけなあかんで」と力説してるのが抱っこ紐。使う頻度が高く、家事のお出かけの時の効率性に影響が出るんだとか。

自分はアメリカに子供を迎えに行く時、ベビーカーは持っていかない予定なので、新生児から使える抱っこ紐が必須なんですが、首がすわる生後3〜4ヶ月から使う商品ばかりで、新生児から使えるタイプが意外に少ないんです。色々調べた結果、キューズベリーのZEROだと新生児から使えて、コンパクト且つ口コミ評価も高かったので、買うならこれにしようと決めていたんです。


 

と・こ・ろ・が、この抱っこ紐、大阪にある家族経営の小さな会社が作っていて大量生産できないらしく、常に入荷待ち状態。再入荷してもすぐに完売してしまうという超人気商品なんです。

代理母が安定期に入るまではこれ以上ベビー用品を買わないと決めたばかりのサロカツですが、この抱っこ紐に関しては買える時に買っておくしかないと判断して、安定期ルールを無視して、虎視眈々と狙っていたわけなんですよ。

再入荷されたらメールを送信してくれるので、メールが届いたその日のうちに楽天ショップを覗いてみたところ既に完売。それもそのはず。なんと販売開始1分後に売り切れたのだとか。その翌週に、思いのほか早く再入荷日のお知らせメールが届いて、今度こそはと販売開始時刻直前にアラームが鳴るように設定しておきました。今回は限定300個、1ヶ月先に発送予定商品の予約販売です。

昨日がその販売日で、販売開始時刻が近づくにつれてドキドキして、スマホと睨めっこ。販売開始と同時にアクセスすると・・・

 

(*´ェ`*)

 

(*´ェ`*)

 

無事狙っていた色の抱っこ紐の予約をすることができました。が、この直後にもう1度お店おを覗いてみると既に全色完売!1月上旬までは入荷予定ないみたいです。抱っこ紐のバーキンですね。12月上旬にまた予約販売があるのと、来年1月からは生産量が5倍に増えるらしいので、今回逃してしまった人も焦らないで次回以降楽天市場の公式ショップをチェックしてみてください!