アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

結婚しないの?子供作らないの?

同僚の会話に入れない人のイラスト(男性)

 

日本人で代理出産に挑戦されている人はなかなか可視化されていないんですが、その中でなんと夫婦でブログを書いてらっしゃる素敵なカップルがいます。char👩さんとkorori👨さん。まだお会いしたことはないんですけど、kororiさんは頭が切れて、charさんはとにかく夫のことを愛してるんだなぁというのが文面からだけでも伝わってきます。選択的シングルファザーの自分にとっては羨ましいわ笑い泣き

 

そんなお二人のブログで気になった記事があったので紹介します。

子供がいない若いカップルに対して、事情を知らない同僚や友達が、「子供いないの?」とか「子供作らないの?」といった余計な質問をしてきて迷惑という話です。妊活ブログでも同じような悩みをよく見かけますね。お育ちとか住んでいる地域によって、配慮ができない人が一定数いるのは仕方ないことだと自分は思ってますけど、当事者にしてみたらイラッムキーとするのは確かです。

 

これってカミングアウトしていないゲイに対して「結婚しないの?」って聞くのと同じだよなと気付きました。自分も若い頃はそうした質問に敏感になってましたけど、年老いて大人になって悟りが開けたのか、民度の低い人に自分の神経をすり減らされるのが馬鹿らしく感じるようになって、今ではそれを聞き流す術を覚えました。例えば、「今は仕事が恋人なんですぅ❤️」って言ってみたりね。24時間闘うバブル時代の企業戦士かよってツッコミはなしよおいでニヤニヤ

 

自分は、ゲイであることも代理出産することも隠すことではないと思っているので、家族や友人、信頼している同僚には話していますけど、全員に言わなければいけないことだとは考えていません。だから知らなくてもいい人には、上記のような大人対応をしてます。あまりにもしつこい人には、「老婆心ながら今の時代そういう質問をすると人格疑われますよ」と注意してます。(←神経図太いサロカツにしかそんな発言できないって友人には言われるけどデレデレ

 

余談ですが、kororiさん、どうやらガーデニングにも興味があるようで、ハダニの撃退方法なんかの記事も書いてるんですよ。自分もジャルダン・ド・サロカツ(うちのベランダ庭園のことです)が植物がダニに悩まされてるので、興味深く読んでいました。犬好きでもあるようなので、代理出産以外のことも聞いてみたいなと思わせる素敵な殿方です。ご夫妻のお子さんは来月産まれる予定で、サロカツも今から自分のことのようにワクワクしています❗️