アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

期待外れだったプチバトーセール

ベビー服のイラスト

 

ベビー服を衝動買いし始めた当初はGAPや無印良品ばかりを買っていたサロカツですが、友達から勧められて一気にハマったのがプチバトー。フランスブランドだけあってデザインがとても洗練されているんですよ。

 

ただお値段も結構します。例えばロンパースは定価だと1着7〜8千円しますし、「あっ、このセーター可愛い!」と思ったら2万円オーバーとかね笑い泣き。だから商品が3〜5割引になるという新春セールを楽しみしていたんですよ。

 

と・こ・ろ・が、

 

確かに値下げはしているけれど、デザインがイマイチな商品ばかりなんですよねおいで滝汗。GAPもそうですが、「こんなの誰が買うの?」っていう奇抜なデザインのものが一部あって、売れ行きが良くないのか、セール品はそういうのばかりなんですよ。

 

いくら安くなっているとはいえそこそこのお値段はしますし、第一気に入らないものを子供に着せたら自分がストレス溜まりそうなので、結局王道デザイン(=売れ筋=定価)のベビー服を買ってしまいました。

 

なんか悔しいわ〜なんて話を先輩パパにしていたらH&Mを勧められました。シンプルなヨーロピアンデザインで、とにかく値段が安いと言うんです。早速オンラインショップを見てみたら、本当にその通りで、プチバトーの買い物を後悔してしまったくらい。調子に乗って色々買ってしまいました。

 

でも商品が届いたら、プチバトーの方が生地が上質で、やっぱりH&M商品はH&M品質でしたね(笑)。子供はすぐに成長して服が着れなくなってしまうので、普段着はH&Mで十分ですけど。少なくともGAPよりはコスパがいいと思います。

 

なんて言っていたらGAPも半額セールをやっていて、定価だったら買わないアイテムを買い込んでしまいました。そんな訳で新年早々、プチバトーH&M、GAPでベビー服を衝動買いしてしまったサロ活でした。