アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

お金に本当に羽が生えている説

 

昨年の剪定が良かったのが、こんな小さい鉢植えの紫陽花なのに、今年は10個以上花を咲かせてくれましたデレデレ。名残惜しいですが、来年は子供と紫陽花鑑賞できるように、今年も剪定してすっきりとさせました。

さて本題。いよいよアメリ渡航が来月に迫ったので、まずはホテルを予約しました。本当はAirbnbで目をつけていた物件があったのですが、人気物件なのか既に予約できない状態でしたゲッソリ。街の中心部にあって、2ベッドルーム、室内洗濯機付きと申し分なかったんですけど、一度予約すると48時間後には全額キャンセル料が発生する物件だったので、予約するのに躊躇していたんですよね。

 

似たような物件を探してみたものの、どれも中途半端だったので、長期滞在型のホテルにすることにしました。街の中心部からは少し外れますが、近くに大きな公園があり、ホテル内にジムやプールがあるので、母の気分転換になると思います。

 

が問題は費用。アメリカは旅行客が少しずつ増えてきているのか、どの宿泊施設も昨年のような値引きはしていなくて、今回も比較的安いホテルを選んだものの、それでも1泊2万円以上。1ヶ月滞在すると80万円を超えてしまいます滝汗。それに加えて、これから自分と母の航空券を手配する予定ですが、こちらも同じ位する見込みなので、現地での食費等を考えたら、200万円位かかってしまいそうですガーン

 

「カリフォルニアのホテルは更に高いよ〜」と先輩パパから聞きましたが、いやいやこちらも充分高いです笑い泣き代理出産をしていると、本当にお金に羽が生えてるのではないかと思うくらいあっという間に飛んでいきます。