アラフォーゲイの子育て奮闘記

代理母出産で子供を授かったゲイ男子の育児日記

ワンオペシンパパの週末ルーティン②

1歳の息子を連れて海外移住したワンオペシングルファザーのサロカツです🙇🏻‍♂️

 

 

昨日書いた記事の続きです。

 

水泳教室の後ですが、ベビーシッターが来る日は家に直行、来ない日は買い物をしてから家に帰ります。

 

ベビーシッターが来る日は、子供を任せている間(4時間)に家事をすることもありますが、この時間しか自分のことができないので、ジムで運動したりマッサージに行ったりすることが多いです。

 

ベビーシッターは19時までなので、それまでに食事と風呂を済ませてもらっておいて、あとは寝つかせるまで息子と遊んだり、本の読み聞かせやドリルをします。

 

本の読み聞かせは、1日10冊を目安にしていますが、ナーサリーがない週末は多めに読むようにしています。それから、ベビーシッターが来ない日は、ほとんど英語と触れる時間がないので、その夜だけは英語で話しかけるようにしています。

 

息子は20時前後には寝つきますが、昼寝が長かったり、遅い時間だったりすると、22時近くまで起きていることもあります。

 

息子を寝つかたら、やっとひとりの時間となるので、日中できないことをしたいと思いつつも、疲労が溜まりに溜まっていることが多いので、大抵は自分もそのまま寝落ちしてしまいます。

 

こうやって改めて自分の週末ルーティンを見てみて、ほとんど自分の時間を持てていないことに気付きました。

 

育児も大事ではありますが、自分のリスキリングもしていかないと、今後収入が維持できなくて、子供に教育にお金をかけたくてもできなくなってしまうので、ワンオペ育児の忙しさを口実にしないで、自分磨きもしっかりしていこうと思います。