アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

妊娠週数と出産確率

アメリ渡航まで10日を切りました。現地には38週目に入る直前に到着する予定です。仕事のことを考えると、出産直前まで日本にいたいので、8月に入ってから渡航したかったんです。でも、予定日よりも3〜4週間早く産まれたという先輩パパが多かったのと、万が一コロナ検査で陽性になり渡航が遅れたことを考えて、早めに出発することにしました。
 
でも実際のいつ頃の生まれる確率が高いのか興味があったので、早速調べてみました。例えば、下記のニューヨークタイムズ誌の記事によると、37〜38週で生まれる確率は26%で、39〜40週で生まれる確率は57%となっています。4人に1人は37〜38週に生まれると考えると、決して早過ぎることはないなと改めて感じました。

現地に到着して2〜3日後に生まれてくれれば、お盆には余裕を持って帰国できるので、仕事への影響は最小限に抑えられます。ただ、そうは都合良くいかないのは覚悟しているので、8月いっぱいはアメリカに滞在することを想定して仕事の調整をしています。