アラフォーゲイの子育て奮闘記

代理母出産で子供を授かったゲイ男子の育児日記

サロ活

2回目の代理出産を検討している理由

昨日唐突に2回目の代理出産の話を出しましたが、もともと子供は何人か欲しかったので、自分の中ではやるかやらないではなく、いつやるかの問題だったんですね。 理由はいくつかあって、まずひとつに兄弟姉妹を作ってあげたいからです。もともと自分に姉と妹…

代理出産を振り返る⑧

サロ活最後の反省点は、子供や仕事のことばかりに集中してしまって、アメリカに一緒にきてくれた母のことを気にかける余裕がなかったことです。それは母も分かっていたことがとは思うんですが、もう少し母に子供の面倒を見させることで、疎外感を軽減するこ…

代理出産を振り返る⑦

サロ活のもうひとつ大きな反省点は、有休や育休を取らなかったこと。仕事と子育てを両立できると自分の能力を過大評価してましたが、蓋を開けたら仕事が疎かになってしまって、同僚に迷惑をかけてしまいました アメリカにいる時は、時差もあって、現地の真夜…

最近の代理出産事情

東京は朝晩肌寒い日もあって、秋の訪れを感じますね。皆さん秋と言えば何を連想しますか?読書、食欲、芸術、それとも運動ですか? 実は秋は代理出産の季節でもあるんですよというのも、何故かこの季節になると、代理母に応募する女性が増えるからなんです。…

代理出産契約してから1年経過

1年前の昨日、代理出産契約していたんですね当時はサロ活の終点が見えなくて、まさか1年後にはこんな風に子育てできているなんて想像できませんでした。契約した翌月に胚移植して、そのまま妊娠、出産できたので、運が良かったと思います。 代理出産を考えて…

代理出産を振り返る⑥

今回の代理出産で一番後悔していること・・・それはもっと早く(30代で)やらなかったことです子供がいることで人生が豊かになりましたし、若い方が体力もあって子育ても楽ですからね。 金銭的には30代前半で挑戦することもできました。ところが、当時はマン…

子供が生まれてから初めてのパパ活

今日はパパ活で久しぶりに外で食事をしてきました。誤解が生じないように断っておきますが、パパ活と言っても「代理出産を通してパパになろうとしている人との交流活動」ですからね 今日会ってきたNパパさんとは、共通の知り合いを通じて知り合って、これま…

代理出産を振り返る④

代理出産においてIPが制御できることは限られていて、多くの場合卵子ドナーや代理母に依存することになります。唯一自分の裁量で進められることは、認知や出生届、パスポート申請などの各種届出で、そこをしっかりできたことが、円滑なサロ活に繋がったと考…

臍帯血バンクを利用した話②

子供が産まれてからずっとバタバタしていていたので、臍帯血がきちんと採れたかどうか看護師に確認するのを忘れていました。そうこうしているうちに(出産2日後には)退院することになってしまったので、日本に帰国してからもずっと結果が気になっていたんで…

臍帯血バンクを利用した話①

出産の記念に臍帯(へその緒)を残す人は多いかと思いますが、その臍帯と胎盤に残った赤ちゃんの血は臍帯血と呼ばれていて、造血幹細胞という組織が多く含まれています。この造血幹細胞が、白血病などの難病治療に有効だという研究結果が出ていることから、…

代理出産を振り返る③

自分は何でもひとりでやりたがる傾向があるんですが、それが原因で失敗することもあったので、サロ活に関しては可能な限り多くの人のアドバイスをもらおうと考えました。 が、普段二丁目に行ったりプライドパレードに参加することがほとんどないサロカツには…

代理出産を振り返る②

初めての代理出産。最初の胚移植で妊娠し、母子ともに健康に出産ができたことが何よりも良かったです。運もあるかと思いますが、信頼できるエージェントとIVFクリニックを選んだこと、そして着床前診断をしたことも理由として挙げられると思います。 アメリ…

代理出産を振り返る①

子供が産まれて約1ヶ月が経ちました。まだまだ仕事と育児の両立に苦労はしているものの、徐々に新しい生活にも慣れてきました。まだ記憶に新しいうちに今回のサロ活の良かった点・反省点をまとめようと考え、これから週に1度振り返りをしていきたいと思いま…

始まりの終わり

自らの代理出産の旅路をブログに綴るようになってから2年以上が過ぎました。ブログを始めた当時は、代理出産で子供を授かった人がいることを知識としては知っていましたが、自分が子供を持っている姿を想像できなくて、どこか他人事だったような記憶がありま…

アメリカ渡航を振り返って

アメリカ行の飛行機に搭乗するのにも陰性証明書が必要になって、(陽性反応だった場合に備えて)余裕を持ってアメリカ渡航しなければいけなかったり、日本政府の水際対策により航空便1便あたりの乗客数が規制されて希望日のフライトが予約できなかったり、は…

アメリカから帰国したら白雪姫になった

子供が産まれてからアメリカにいる間は1日2時間程度の睡眠で仕事と子育てを両立していたサロカツです。その時は気が張っていたのかそれほど疲れは感じていなかったんですが、確実に疲れが溜まっていたんでしょう。 留守中に愛犬の世話をしてくれていた姉が、…

公共交通機関が使えない帰国者

乗継ぎも含めると17時間の空旅と5時間の入国審査を終え、やっと日本に戻ってこれました❗️空港はオリンピック関係者の姿こそ見られましたが、自分のような一般客はほとんどみかけなくて、とても寂しい雰囲気でしたが、息子と一緒に日本に帰ってこれたというだ…

成田で5時間かかった入国手続き

バシネットに入れると泣き出してしまうせいで、12時間のフライト中ほぼずっと息子を抱えていたサロカツです。途中自分もウトウトとすることがあったんですが、その時子供を落とさなかったのが不思議です 成田に着陸した直後は、やっと日本に着いたという安堵…

はじめての子連れ空旅

PCR検査証明書の確認も済み、日本帰国へ向けてなんとか搭乗手続きを済ませることができたわけなんですが、如何せん初めての子連れ空旅だったので、その後も小さなトラブルがいくつか発生しました 例えば保安検査。ただでさえ自分のパソコンなんかを出し入れ…

想像以上に厳しかった搭乗検査

【アメリカ滞在21日目】 なんとか時間通り空港に着きチェックインをすることになりました。パスポートと一緒に昨日発行してもらったばかりのPCR陰性証明書を地上係員に渡しますが、「QRコードは?」と聞いてきます?なんのことか最初は分からなかったのです…

帰国の朝はドタバタ

【アメリカ滞在21日目】 アメリカに到着してからちょうど3週間が経ち、ついに帰国の日を迎えました。前日夕方に病院から帰ってくるとすぐに日本の同僚とビデオ海外があったせいで、荷造りを始められたの夜中の1時。4時にはホテルを出ることになっていたので…

帰国直前に緊急入院した子供の検査結果

【アメリカ滞在20日目】 帰国前日に発熱し、緊急外来から検査入院となってしまった我が子。翌日には検査結果が出ることになっていましたが、看護師が途中結果を逐次報告にきてくれていたので、恐らく問題ないだろうと考えていました。 フライトは翌日の便に…

緊急外来で説教された話

【アメリカ滞在19日目】 緊急外来に到着して受付を済ませると、まずは直腸音を測りながら看護師が状況を詳細に聞いてきます。毎日定期的に検温していること、検温は脇の下で行っていること、昨日午後に38.1℃まで上がったこと、夜通し濡れタオルで首周りを冷…

日本帰国直前に子供が発熱し緊急外来に

【アメリカ滞在19日目】 代理母との感動の再会の余韻に浸りながら迎えたこの日。帰国を翌々日に控えていたのもあり、花が好きな母親に最後に観光でも楽しんでもらおうと思い、英国庭園に行く予定だったんです。息子が観光中にぐずらないようにと、授乳と排泄…

代理母と再会した時に目を疑った光景

【アメリカ滞在18日目】 陰性証明書をもらってホテルへ戻り途中、「新生児のPCR検査も例外的にやってあげるよ」とクリニックから連絡がきたんですが、この日の夕方代理母がホテルにくることになっていたので、明日検査をすると伝えて電話を切りました。実は…

サロ活最後の関門でトラブル発生②

【アメリカ滞在18日目】 陰性証明書をもらいに行ったクリニックで6ヶ月未満の乳児にはPCR検査ができないと言われてしまい頭の中はパニック状態子供の陰性証明書がないだけで自分と母親も搭乗拒否されたら大変です。 まずは本当に生後1週間程度の新生児に陰性…

サロ活最後の関門でトラブル発生①

【アメリカ滞在18日目】 アメリカ滞在もいよいよ終わりに近づいてきました。サロ活最後の難関は、帰国便に乗るための子供のパスポートとコロナウイルス陰性証明書を取得することです。前者は、領事館職員の協力により問題なく取ることができたのですが、問題…

長期海外滞在で1番活躍したアイテム

【アメリカ滞在16日目】 子供が生まれてから約1週間。少しだけ睡眠時間が増えましたが、それでも1日2〜3時間程度です前にも触れたんですが、自分は睡眠不足になると体重が減る傾向にあって、この1週間で体重が2kg落ちました健康的な痩せ方ではないので、全然…

産後検診とアメリカの医療保険制度

【アメリカ滞在15日目】 退院後ホテルに戻ってきてから最初の3日間くらいは、睡眠時間が1〜2時間という日が続いて、外出した時以外の記憶があまり残っていませんこの日に覚えていることは、帰国に備えて小児科で産後検診をしてもらってきたことくらいですか…

出産退院翌日にしたこと

【アメリカ滞在13日目】 昨日小児科医から黄疸などの異常が見られないか診察をしてもらった後、正式に退院許可が出たので、ホテルに戻ってきました。ほとんど寝ていなかったので、身体を休めたかったのですが、現地時間日曜夜には日本の同僚が仕事を始めてい…