アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

遺伝子検査キット届く

f:id:sarokatsu:20191223124340p:plain

先月注文した遺伝子キットが届きました。アメリカから送られてきたのですが、配達記録を見てみたところ、税関を通過するのに時間がかかっていたようです。早速開封してみると、検査キットの他に、指示書や返送に必要な伝票・税関申告書などが含まれていました。

以前にも書いたように、遺伝子検査には複数種類があり、血液中の細胞が使われものもあれば、口腔粘膜や皮膚、毛髪、爪が必要とされるものもあります。今回送られてきたテストキットは唾液を採取すタイプで、プラスチックでできた試験管に唾液を規定量まで採取することになっています。

検査30分前から飲食やタバコや勿論、歯磨きやガムも禁止されていて、水でさえ飲んではいけないことになっています。唾液は口にものが入って条件反射的に出るものなので、こうした条件の下で規定量まで唾液を採取するのは結構大変で、後半は口の中がカラカラになってしまいました(笑)。それでもテスト自体は数分程度で終わるものなので、被験者の負担はほとんどありません。

テスト後はFedExに電話して集荷にきてもらいました。FedExクロネコヤマトなどと違って営業所はほとんどありませんが、電話すればで集荷にきてもらえるので便利です。遺伝検査は受けたことがないので、どんな結果が出るのか楽しみです。