アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

さくらんぼエンジェル

さくらんぼのイラスト(一つ)

 

先週までラスベリー大だったお腹の赤ちゃんは、さくらんぼ(2.2〜3.0cm)程度に育っている頃です。この時期の頭殿長(胎児の頭の先からお尻までの長さ、CRLとも言う)で出産予定日を再評価することができるらしいですが、体外受精の場合は正確な受精日が分かっているから関係ないのかな?

 

この頃になると首ができ、頭と身体もはっきり分かれ、水かき状態だった手足の指も1本ずつ分かれそうです。臓器の形成も進んできていて、胃では消化液を、肝臓では血液が作られ、その血液中の老廃物が腎臓で取り除かれて、尿を出し始めてるのだとか。さくらんぼ大の小さな身体がもうそんなことをしているなんて感動ですねデレデレ

 

キリ子さんに次の検診の日程を聞いたら、今月末だそうです。そんなに先だと心配になってしまいますけど、妊娠後期に入るまでは月1ペースで検診を受けるのが一般的なので、仕方ないですね。不安なのは妊婦さんも同じでしょうし、。コロナがなければ、もう少し早いタイミングで検診を受けるようにお願いするしたいところです。

 

毎日少しずつでいいから着実に育ってほしい、今はただそう強く願う🙏サロカツです。