アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

11週突入〜ひたすら胎児を信じて待つ

ビリヤードボールのイラスト(11)

今日から11週目。妊娠初期の「後期」に入ったって感じ?あまりにも予定日までまだ先が長くて、7週検診から新しい情報がないので、そうやって無理矢理自分でマイルストンを作っては達成感を味わっています(笑)妊娠初期の後期なんて概念はありませんからねおいでニヤニヤ

 

現時点での流産率は3%ちょっと。30人にひとりが流産する確率。安定期に入るまでやっぱりまだ油断できないですね。来週まで妊婦検診がないので不安を感じることもあるんですが、便りがないのは良い便りということにしておきます滝汗

 

f:id:sarokatsu:20210121010341j:image

 

それでも心配なことに変わりはないので、「悪阻はどう?」とか「風邪引きやすい季節だけど、服用できる薬に制限があるから気をつけてね」とメールで状況を探っています。悪阻は大変だとは思うんですが、あれば妊娠が継続していることを確認できるので、少しはあって欲しいという複雑な気持ちです。
 
夫婦のように一緒に暮らしていたら、風邪を引いても家事をやってあげたり、(自分が稼ぐ代わりに)仕事を気にせず休んでもらえるので、キリ子さんの負担を減らしてあげられるんですけど、それは無理なので、せめて風邪を引かないよう注意を促しています。
 
毎回同じことの繰り返しで恐縮なんですが、今はとにかく1日1日少しずつで良いから確実に成長してくれることを願うばかりです。我が子よ、焦らないでいいから、キリ子さんと卵黄嚢(そろそろ御役御免かな?)からしっかり栄養をもらうんだよ❗️