アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

34週突入〜サロカツ誕生秘話

f:id:sarokatsu:20210701061529j:image
妊娠34週に入りました❗️あと3週間で正産期ですよおいで滝汗。あと用意しておかなければいけないものは、ESTA(ビザ)、渡航PCR陰性証明、自分の戸籍謄本(出生届用)くらいですかね。

 

母にも諸々準備をしてもらわなければいけないので、この間食事がてらに会ってきたんですけど、その時に自分の出産の様子を聞いてみました。助産師の岩佐さんにもにじいろかぞくのイベントの時に勧められたので。

 

そうしたらなんと私陣痛から10分で生まれたそうです。いやん、昔から親孝行な息子だったのねおいでデレデレ。でもなんと妹は陣痛する始まらず生まれてしまったんだとか❗️そんなことあるのか分からないけど、でも母が安産体質ということはよく分かったわ。

 

ただその代わりにつわりは3回とも酷かったらしく、姉の時には吐くものがなくて胃液で粘膜がやられ、吐血したこともあるんだとか。母親ってそれくらい体張って妊娠して出産してくれるわけですよね。母の日にカーネーション送って満足してたらだめですね。毎日が母の日くらいのつもりで感謝しないと真顔

 

ついでに母乳についても聞いてみたところ、自分は母乳がでなくて完全ミルクだったそうです。助産師さんに色々と指導してもらったけど、出なかったんですって。それでもこんなに健康な体を授かったわけで、母には感謝の気持ちしかないです。代理母さんから搾乳辞退の申し出があり、少しがっかりしていたんですが、母乳が全てじゃないということが分かりひと安心。