アラフォーゲイの子育て奮闘記

代理母出産で子供を授かったゲイ男子の育児日記

海外の水泳教室に1年間通った結果

1歳の息子を連れて海外移住したワンオペシングルファザーのサロカツです🙇🏻‍♂️

 

先週ナーサリーの年度が修了しましたが、水泳教室も通常クラスが終わり、8月中旬までの約2ヶ月間はサマーキャンプ(夏季プログラム)になります。

 

生後4ヶ月から始めたベビースイミング。同じ習い事を続けられているというのも、海外での新生活に順応できた理由のひとつなのかなと思っています。

 

日本にいる時はそれほど水泳が好きでなかった息子。プールサイドから水の中に飛び込むことすらできませんでした(1歳10ヶ月時点)。今は喜んで飛び込むだけでなく、3メートル位泳げるようになりました!もちろんまだフォームは滅茶苦茶ですが、小学6年生の時点での金槌だった自分と比べたらすごいことですニヤニヤ

 

最近では、同じクラスの子に少しずつ興味を持ってきたのか、レッスンが始まる前に一緒に遊ぼうとする姿も見られるようになりました。ママ友がいなくて、ナーサリー以外で他の子供と遊ぶ機会が少ない息子にとっては、社会性を身につける貴重な体験の場ともなっています。


サマーキャンプも含めて、来年度以降も水泳教室は勿論続けていく予定ですが、約1年間お世話になったパートタイムのコーチは、水泳教室を辞めて、8月からフルタイムの体育教師になるそうです。彼もこの国で働く外国人。就職の大変さが分かるので、自分のことのように嬉しいですね。息子にとっては残念なニュースですが、コーチの新しい門出を応援していますデレデレ