アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

仕事納め・・・でも休めないかも

仕事中に伸びをする会社員のイラスト(男性)

 

仕事でアメリカ本社とやり取りすることが多いサロカツは、例年だと年末年始も少しだけ働いていることが多いです。ただ、今年は日並びが良くて、元々休みだった大晦日・元旦の後、すぐに週末がやってくるので、正月三が日はゆっくりできそうですデレデレ

 

この時間に余裕があるうちに、サロ活の残課題を整理して、今後の計画を立てるつもりです。今から準備しておかなければいけないものだけでも、出産前後の仕事の調整や子供の国籍取得がありますし、先のことを考えると、保育園入園申込みやそれまでのベビーシッター確保があります。まだ安定期に入ってもいないので、少々気が早いかもしれませんが、直前になって慌てたくないので、今から準備しておきます。

 

一番気が重いのが仕事の調整ですねもやもや。出産後は子供が出国できる状態になるまで1ヶ月はかかるとエージェントから言われていて、前後に余裕を持たせて渡航するとなると、1ヶ月半はアメリカに滞在することになります。その間、休暇を取る予定はなく、リモートで働くてつもりでいるのですが、会社に快諾してもらえるよう、来年前半にしっかり仕事で成果を残すことが重要になってきます。

 

そんなことを考えていたら、年末年始も落ち落ち休んでいられないことに気付きました滝汗。選択的シングルファザーのサロ活は決して楽ではありませんが、いつか出会う我が子のために頑張ります❗️