アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

迎えに行く時におひとりさまは辛いかも

前に少し紹介させていただいたcharさんの代理母が、ウクライナで出産をされたようです❗️コロナ発生直後は外国人の入国を制限していたこともあり、IPが我が子を迎えにいけないなんてニュースも出ていましたが、無事渡航してお子さんに会えたようです。ブログを読んでいて自分のことのように嬉しくなってしまいましたちゅー

 

 

 

 

パートナーのkororiさん、そしてお母様の3人でウクライナ渡航して、現地で生活されている様子を写真に載せてくれているんですが、やっぱりこうやって家族にいてもらった方が安心だし楽でしょうね。

 

自分は出産前後1週間位は有給を取りますが、その後は1ヶ月近く(日本のパスポートを取得して子供の海外渡航許可がおりるまで)現地にいながらフルタイム仕事をするつもりなので、ひとりじゃ絶対に無理なのは今から十分分かってます滝汗

 

charさんみたいに協力的なパートナーはいないけど、その代わりに母を連れていくつもりです。年老いた母に1ヶ月半近くアメリカ生活を強いるのは心苦しいけど、孫のためなら来てくれますよね?