アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

今日もパパ活、これからもパパ活

 

今日は久々にパパ活してきました。別のパパから紹介された方で、なんとふたり同時にお相手デレデレ。1時間でさくっと終わりにする予定だったのですが、気付いたら2時間近く経っていて、お別れする頃にはくたくたでした。

 

あっ、誤解なきように言っておきますけど、「代理出産を通してパパになりたいゲイ男性との交流動」の略ですからねおいでニヤニヤ。疲れたのは単に喋り過ぎたからですよ❗️

 

いつもはマンツーマンでパパ活することが多いんですけど、今日のお相手はカップル。しかも20年以上も付き合っているという大ベテランで、それを聞いただけでもおふたりの人柄の良さが予想できますよね。実際に本当に素敵なカップルで、彼らに育てられる子供は幸せになるだろうな〜と想像しながら話をお伺いしていました。

 

おふたりはこれからまさにサロ活を始めようとされているので、エージェントや代理母の選び方を中心に、自分の経験談をお話させていただいたんですが、自分もそうであったように、ネットの情報だけではみなさん不安なんだなと感じました。ただでさえ代理出産に関わる情報は少ないのですが、その情報もサービス提供者側のものが多くて、偏りがあるんですよね。日本語だと特に。

 

代理出産を考えている人が情報弱者にならないよう、これからも「パパ活」を通して、情報交換をしていきたいと考えた土曜の夜でした。