アラフォーゲイのサロ活日記

代理母出産でゲイ男子が子供を授かるまでの記録

代理母とのカウンセリング

f:id:sarokatsu:20200506190427p:plain

コロナウイルスのせいで止まっていたプロセスが少しずつ再開し始めたよ。今日はこの間話した代理母候補との一緒に心理カウンセリングを受けたんだ。流産や、妊娠中に胎児に重大な障害があると分かった場合、多胎妊娠で減退手術に必要になった場合などを想定して、IPとGCの意見が一致しているかを第3者に確認してもらうのが目的。

代理母候補と顔を合わせるのは今回が2度目で、前回の初顔合わせから約2週間ぶり。カウンセラーがビデオ会議に入るのが少し遅れたから、待ってる間にお互いの近況を報告したよ。カウンセリング自体は15分位で終わって、あとは今後IPとGCがどうやってコミュニケーションを取ったらいいのについてカウンセラーがアドバイスをくれたり、IPとGCから質問したりして、全部で30分位。

正式に彼女が代理母として決まったら、君が約10ヶ月お世話になるわけだから、いよいよサロガシーが始まるという実感が湧いてきて、少し緊張しちゃった(笑)。中断していた採卵も来月上旬に日程調整されて、そちらも再開しそうだよ。

アメリカは今経済活動再開に向けて動き出しているようなんだけど、感染者が増えたら採卵がまた延期になる可能性があるから、それがちょっと心配だな。